導入されているソフトやツールが違っている!ネットワーク監視環境

現場で使用しているソフトが異なっている点

ネットワーク監視を行っている現場はたくさんあるのですが、その中でも監視に使用しているソフトが違っています。その為ネットワークの監視をこれまでにたくさん行ってきた方も、初めて使用するソフトやツールを使用するかもしれないです。逆に前の現場と同じで、同じネットワーク監視に関するソフトやツールを使用している時もあります。予め確認できる事が多いので、新しい現場に行く時は確認しておいた方がスムーズに仕事が行えますよ。

ネットワーク監視で使用されているソフトの使用方法

ネットワーク監視を実施する際に、ソフトやツールを快適に使用しないと意味がありません。例え警告やアラームが発生しても意味が理解できていなくては、迅速な対応を行う事ができないからです。そこでネットワーク監視で使用されているソフトの勉強が必要ですね。多くの会社では使用方法に関して、細かく説明してくれる事がほとんどです。家でもインターネットで検索する事で、意味や操作方法などを色々と学ぶ事ができるんですよね。

色んなソフトを使えれば、優れたエンジニアとして成長

ネットワーク監視に関するソフトやツールを一つだけ使いこなすよりも、多くのソフトやツールを使用できた方が応用性が効きます。必ずしも同じソフトやツールを使用している訳ではないので、新しい職場でネットワーク監視をする事になっても、違和感を発生させる事が無くなるからです。その為には豊富な知識が必要になってきます。ただネットワーク監視という意味合いはこれまでと同じなので、アラームや警告が出た時は、素早く対応しないといけないですよ。

フリーソフトでも通信ログをリアルタイムで表示できるので、怪しい通信が行われていないかネットワーク監視できます。