あわてないで! パソコンのデータを守る対策

まずは基本から確認を

パソコンを操作していると、間違って大切なデータを削除してしまったということはよくあります。そんなときはとても驚いてしまうものですが、まずは使っていたソフトに「元に戻す」機能がないかどうか調べてください。この機能を使えば、それまでに行った操作をさかのぼることができるので、データ削除の操作をなかったことにできます。または、デスクトップ上にある「ごみ箱」のなかをチェックしてみてください。ファイルを削除しても、ごみ箱の中に移動しただけで、完全には削除されていない場合もあります。

専門業者は強い味方!

「元に戻す」ができない、ごみ箱の中にもないという場合は、ちょっと困った事態になります。削除したデータを復旧するためのソフトが複数あるので、それらを使用するとデータを取り戻せるかもしれません。そういったソフトを使っても復旧できなかった場合、あるいはパソコンを落としたりハードディスクが動かなくなった場合は、データ復旧の専門業者に問い合わせるのがいいでしょう。ある程度高額な料金がかかりますが、高い確率で失われたデータを取り戻すことができます。ハードディスクが完全に壊れている場合は業者でも復旧は難しいかもしれません。

これで安心!データ消失であわてない対策

操作ミスやパソコンの突然の故障など、大切なデータが失われる可能性は常にあります。専門業者の手を借りるなどしてピンチを切り抜けることもできますが、普段からあわてない状況にしておくのが一番です。住所録など、大切なデータはコピーをとるようにしてください。コピー先は、外付けのハードディスクやDVDに焼いておくのが最適です。USBメモリやメモリーカードでもかまいませんが、ときどき正常に保存されているかどうかチェックしてください。データのコピーの他に、パソコン本体も予備があるとさらに安心です。

パソコンの修理を自分で行うことで、業者に修理依頼するよりも早くパソコンが使用できるようになりますが、十分な知識がない場合は自分で修理を行うことは避けるようにします。