自分に合ったパソコン選びをしたい人に向けて

デスクトップとノートパソコンとどちらがいいの?

パソコンには、机に設置して使うデスクトップタイプと、折りたたみ持ち運びが可能なノートタイプがあります。デスクトップパソコンのメリットは、画面が大きい、ノートパソコンに比べて高性能、部品の交換を自分でも行いやすいなどです。一方、ノートパソコンの最大のメリットは持ち運びができるところです。ビジネスで使うなど、持ち運びが必須の場合はノートパソコンを選ぶことになります。動画や画像の編集といった負荷の大きな作業に使うなら、デスクトップが向いているといえます。

デスクトップパソコンの活用法

CPUやグラフィック性能の面ではノートパソコンよりデスクトップパソコンのほうがやはりレベルが高いです。ノートでも高性能のものは売り出されていますが、動画編集や画像編集といった作業をする場合、特に持ち歩きの必要がないならばデスクトップを活用したほうが使い勝手がよいでしょう。イラストをパソコンで描く場合は、キーボードをよけてペンタブを置くことができるのも、デスクトップパソコンの魅力の一つです。また、ノートのようにキーボードの下にハードディスクがあるわけではないので、キーボード上に飲み物をこぼしても被害は少なくて済みます。

ノートパソコンの活用法

ノートパソコンは、家から職場など、持ち運んで作業する必要がある場合には大活躍します。出先で必要だったりと、とにかくパソコンを持ち運んでの作業が多い人にとってはデスクトップよりもノートパソコンが向いています。電車の中や喫茶店などでも利用できるのも魅力の一つです。家では集中して作業ができないという人にとってはありがたいです。また、コンパクトなのでパソコンを置くスペースが家にないという場合でも使い勝手が良いです。

中古パソコンは、安く手に入り初期設定も終わってるものも多いので家庭のネット環境に接続するだけで、利用できるものが多いです。